ワークライフバランス

ワ-クライフバランスの推進

丸善製薬では平成20年に、「労働時間等設定改善員会」を設置し、定期的な委員会開催等を通じて「年次有給休暇、いわゆる有休の取得推進」「所定外労働時間、いわゆる残業の削減」「その他、ワークライフバランスを向上させる取り組み」を進めています。「有休の取得推進」については、「部署毎の計画的な取得」「時間単位有給休暇制度の導入」「入社時の有給休暇の付与」「全社一斉取得」等を通じて、取り組み開始時には6.4日だった平均取得日数が11.5日と1.8倍に改善されています。

有給休暇取得実績
平成20年度 平均取得日数 6.4日
平成30年度 平均取得日数 11.5日(1.8倍)

残業の削減については、「ノー残業デ-(第2・3水曜日)」「各種事務処理の電子化や効率化」等を通じて、取り組み開始時には1人あたり83時間29分だった年間の残業時間数が、平成29年度は64時間15分と23%も削減されました。平成30年度は過去最高となる売上を達成したこともあり、一人当たりの時間外労働時間数は増えておりますが、今後も「労働時間等設定改善員会」を通じて、「社員の働き方を支える制度を整備」や「利用しやすい職場環境の推進」等、引き続き「ワークライフバランス」への取り組みを進め、一人一人がやりがいと誇りを持ち、安心して仕事に取り組める職場づくりをめざします。

1人当たり年間所定時間外労働時間数
平成20年度 83時間29分
平成29年度 64時間15分(23%削減)
平成30年度 78時間01分

「働きやすさ」は「離職率」にも表れています。
厚生労働省の統計によると、H28.3大卒者の離職率は、入社1年後で11.8%、3年後には31.8%に上ります。これに対して、丸善製薬の離職率は、1年後では0%(退職者なし)、3年後でも4.9%と極めて低く、新入社員や若手社員から「働きやすい職場」だと感じてもらえているのではないかと考えています。
結婚や出産での退職者がほとんどいなくなり、育児休業復帰後も、短時間勤務・年次有給休暇(半日・時間単位有)等、ライフスタイルにあわせた制度を利用しながら、活躍の場を広げています。

【離職率】
※直近10年間の平均
入社1年後 0% 入社3年後 4.9%

丸善製薬の取り組みが認定・紹介されました

  • 広島県「第1回働き方改革実践企業」として認定 (認定授与式にて、認定20社の中から好事例企業(3社)として取り組みを発表いたしました)
    外部サイトへ移動
  • 経済産業省「地域未来牽引企業」として選定 地域の経済成長を牽引していく企業として選定されました。
    外部サイトへ移動
  • 「ベストプラクティス企業」として広島労働局の訪問を受けました
    外部サイトへ移動
  • 働き方改革・女性活躍発見サイト「ヒントひろしま」に掲載されました
    外部サイトへ移動

「創意工夫 × 挑戦 × 感謝」で丸善製薬をつくっていく
新しい仲間を待っています