INTERVIEW納品書・請求書は会社の「顔」
一枚の書面にも心を込めて

村上梓
管理本部 情報管理部 システム業務課
2007年入社

丸善製薬で働きたいと思うようになった理由

周囲の評判を聞き応募
習得したPC技能を生かす

前職を退職し、ハローワークでパソコン技能を習得しつつ、新しい仕事を探していました。周囲からの「この会社いいよ」という評判を聞いて、丸善製薬の求人に応募。職種ではなく、与えられた仕事への成果を上げることが大切だと思っていましたので、「前職とは違う分野でも頑張りたい」という気持ちでした。採用されると、まずは情報管理部で受注業務に配属されました。

丸善製薬ではどんな仕事をしていますか

納品書・請求書は会社の「顔」
一枚の書面にも心を込めて

「基幹業務」「マスタ整備」「資料作成」の3つが大きな仕事です。現在2人でローテーションを組んでいて、どちらかが休んでも稼働できるようにしています。これらの仕事はどれも、表に出る仕事ではありませんが、責任は重いと感じています。発行する納品書や請求書は、会社の顔であり、「社員全員の感謝の気持ちを、私たちが代表して送らせていただいている」と思っています。また、作成した資料を送付した後に、「活用させていただきます」というお言葉をいただくと、「会社に貢献できているかな」という気持ちになり、やりがいにもなっています。

所属する部署の雰囲気

世代の幅が広く明るい職場
休暇時には社員同士フォロー

部長が気さくに話し掛けてくれる、明るい職場です。例えば繁忙期、締め日など特定の日は休まないようにし、それ以外の日を交代で有給休暇を使って休むようにしています。先日、20代の社員が入社してきて、部全体で8人になり、20代~50代の各年代が揃ったのです。男女、年齢にかかわらず、コミュニケーションがとりやすい職場だと思います。

入社してから今日までの、印象的なエピソード

オフコンからサーバーへ移行
「一大プロジェクト」が完了

オフィスコンピュータを廃止し、全ての基幹業務をサーバー化したときのことです。1年で一番忙しい年末の移設だった事から、部内で目的を共有し、それぞれの役割を決め対応しました。私は基幹系処理のメニューや画面を担当しました。作業量も多く、残業続きでしたが、チーム一丸となって頑張った結果、新年から本格稼働できたときは、本当に嬉しかったです。処理の簡素化、処理時間の大幅短縮を実現する、良いものができたと思っています。私の中では「一大プロジェクト」ともいうべき仕事で、達成感と充実感を味わうことができました。

丸善製薬の良いところ

子育てを支えてくれる時間有給
会社の支援で自分磨きにも意欲

有給休暇が半日単位・時間単位で取得できるようになったので、何かと融通がきくようになり、大変ありがたいことだと感謝しています。仕事と家庭の両立もしやすく、時間有休を使うことで子育てにも助かっています。「ワークライフバランス」が実践されており、自己啓発にも時間を割り当てることができるのもいいですね。業務に係るセミナーに参加できたり、資格取得のための費用負担、一週間に1回英会話教室が開催されたりと、仕事だけでなく、自分磨きもできます。私自身も意識が高まり「1年に1回はセミナーに参加しよう」と決めています。

村上さんのある日のスケジュール

9:00

始業
各提出資料や管理資料作成、チェック及び整備。

12:00

昼休憩

13:00

マスタ登録申請の対応。

14:30

日次業務である売上・売掛処理の事前項目確認と実施。

15:15

納品書や請求書の発行作業及び仕分け送付作業。

17:30

終業

就活生へのメッセージ

不安を感じず、チャレンジ
プライベートも充実

新しい事を始める人が多いと思いますが、当社は不安を感じず、挑戦していける環境にあります。先輩もサポートしてくれ、スキルアップができ、仕事とプライベートの充実ができる職場です。オフの充実もできますよ。ぜひ一緒に働きましょう。

就活生へのメッセージ

「創意工夫 × 挑戦 × 感謝」で丸善製薬をつくっていく
新しい仲間を待っています